株価の変動は誰もが気になることですよね。株価が下がることによって景気にも影響がでますので大変気になるところです。株をやっている方は株価の変動をきちんと見極めて損をしないようにしましょう。

景気回復によるノバルティスファーマの株価動向

ノバルティスファーマは、スイスに本社を置くとても大きな製薬会社です。なんとその売上高は、約600億ドル程度です。これは、日本円に換算すると、約7.4兆円という金額に該当します。これだけの売上高を誇る製薬会社は、世界でもそう多くはありません。一般的には、世界で五本の指に入る製薬会社だとノバルティスファーマは、言われています。

日本では、景気回復による株価上昇が目覚しいです。しかし、それは、何も日本に限った事ではありません。アメリカのダウ、イギリスのFTSE、ドイツのDAX等でも安定した緩やかな株価上昇を続けています。ノバルティスファーマは、スイスに本社を置く企業ですから、上場しているのは、スイス証券取引所になります。後、アメリカのニューヨーク証券取引所にも上場しています。

日本の楽天証券から購入できるニューヨーク証券取引所の株価について詳しく見ていきたいと思います。他の株同様、リーマンショック後に激しく落ち込みました。グラフで詳しく見てみると、2009年2月24日に36.25ドルという最安値を記録しています。その後、50ドル前後で推移した後、2012年5月1日に52.03ドルという値をつけてから、右肩上がりで上昇しています。最近は、100ドル前後の株価で推移しており、約三年間で株価が、倍になっている事が解かります。景気回復による業績回復効果だと思われます。

街角景気は、それほどでもありませんが、大企業の収益性は、日本だけでなく、世界中で大幅利益増となっています。これは、グローバル経済の特徴といってよいでしょう。ノバルティスファーマもその例に漏れていません。今後もこのような傾向は続いていくと予想されています。