株価の変動は誰もが気になることですよね。株価が下がることによって景気にも影響がでますので大変気になるところです。株をやっている方は株価の変動をきちんと見極めて損をしないようにしましょう。

日立ハイテク株価とオンコセラピーサイエンス予想

日立ハイテクはもともと商社として設立された企業で、計測器や半導体などを手がける企業です。医療用分析装置などの新規開拓を行っていますから、今後の成長は期待されます。テクニカル的に見れば下落トレンドですが、ファンダメンタルズで見ると割安銘柄だと言えるでしょう。株価収益率は11倍から12倍程度で、純資産倍率は1.2倍から1.3倍程度ですから、やや割安と判断できます。

昭和電機は多くの子会社を持つ持ち株会社で、電力インフラに強いを持ちます。免震装置なども手がけていて、この分野では国内2位の実績を持っています。テクニカル的に見れば日立ハイテクと同じように下落トレンドを描いていますが、日立ハイテクに比べれば厳しい下げではありません。ファンダメンタルズでは、PBRが1倍割れですから、これが株価の下支え要因になると考えられます。

オンコセラピーサイエンス予想については、医療系のベンチャー企業ということもあって、日立ハイテクや昭和電機とは性質が異なります。日立ハイテクや昭和電機は、どちらかというとリスク選好的な銘柄ですが、オンコセラピーサイエンス予想をするときには、これらと違ってディフェンシブの傾向を持つとともに、ベンチャー企業としてのハイリスクの傾向があるという点に注意しなければなりません。チャートで見れば、オンコセラピーサイエンス予想の株価は現状で安定していると考えられます。大きなニュースが発表されない限りは、現状をこのまま推移すると考えるのが妥当です。ベンチャーに特有の変動の大きさを持っているという点に注意が必要です。上がるときには一気に上がる傾向がありますが、下げ幅も大きくなる傾向があります。