上がれよ上がれ株価

株価の変動は誰もが気になることですよね。株価が下がることによって景気にも影響がでますので大変気になるところです。株をやっている方は株価の変動をきちんと見極めて損をしないようにしましょう。

衆議院解散による株価変動のアジアへの影響

民主主義を掲げた国において必ず必要になるのが国のトップを決める選挙であり、その選挙を日本では4年に一度もしくは首相権限において衆議院解散した際になります。日本とって衆議院解散は国の方針を決める重要な分岐点ですが、それ以外にもアジア各国においても衆議院解散は重要な要素があります。それは衆議院解散による株価変動であり、この株価は衆議院解散が起こると上がることが多いのです。アジアにとって株価変動というのは国の経済を左右する大きなものであり、特に日本の場合経済面で落ち込んでいるがアジアの中でも経済面でトップクラスの位置にいることに変わりないです。そのトップクラスにいる国である日本の株価が上昇すると、それによって株を買っていた国にとっては有益な物になりますがそれ以外の自国の通貨で経済を潤っている国にとっては
株価変動によって輸出と輸入の国経済の根幹部分で利益が少なくなってしまうため損害が大きくなります。そして衆議院解散による株価変動のアジアへの影響として最も大きいのが、その国のトップが決まるということはその国のトップと必ず話し合わなければならないということです。この衆議院解散による株価変動は期待熱と呼ばれる一時的に上がる現象で数日経つとおのずと下がりますが、しかしそれから先の株価が常に上がるような状態もしくは安定して高い状態を維持するような状態になると状況が変わります。この常に上がる状態もしくは安定して高い状態というのは解散総選挙によって選ばれた首相が、その後の国会運営において国民が納得できる政策や方針を行うことによって国が安定していることの証拠であるためです。そのことからアジア各国において、この日本の首相を決める衆議院解散は自国の経済にも重要な点のため4年に一度もしくは首相権限において発動された時には、この選挙報道が各国で伝えられる理由です。

■株をやるならオススメ
総合評価で選ぶ人気の投資顧問トップ5
株価予想NAVI